その時差ボケ年君は若い

p>君が<似水流年深く悟った時、あなたはやっと分かって、もとはすべて過去時もが慌ただしくてやや薄い.昨日の君、友達と逃げてコンピュータ体育課、最上階で未来、まどろみ、目が覚めたら、友達はみんなに散っていた.そこで、あなたも忘れて、あれらの将来、かつてのあなたの言った未来.多くの時、ペンを手に入れたい、何か書いて、ただ後に発見して、自分をどう書いてもただ常套句で、あれらの人派手筆端下の悲しみ、あの輝きが散った地の時間、私の手には靑白くて、二度と探し出せないでいかなる色.そこで、ペン書きの文章をあきらめて.私は何人に対して、私は文学が好きだと言いまし.でも、その『紅楼夢』はデスクの本棚に置いてあり、しおりは1にとどまっている.愛とあれらの漢詩が手当たり次第つまんで、しかし、その本の宋詞』を本棚は、ほこりに囲まれ.見て『萌芽』フォーラムのたくさんの子供たちに、文字を書くのを見て哲思』『;美文の中で、「思瓜たちは、自らの指の間で書いて一つ一つ人の目を楽しま美文、心の底に、私もとても感動で、時々見て私の1篇の作文の霊感美文トリガ;があると聞いて、最初の音楽の歌詞を書き、霊感トリガ.あの日からqqでは、『哲思』の忠実な思瓜兼友人が私は代表文を書いて、もうすぐ締め切り.私はやっと悟って、もとこんなに良い1回の機会に、私は自分で放すことができました.私は自分のことを慰めて、書く機会は常にありませんて、書くことができるのは長期にあることができて、だから落胆しないでください.私は知っていてたくさん見て『哲思』の思瓜そして熱愛文字も衝動に設けたい本投稿だろう.私も例外ではないが、私は私は行動がない、私はまだ1篇の原稿、学校で文章を書くのは、作文コンクールに参加し、日記は日記を書くことを続けている……窶れる時、どんどん放逐て.睡眠は空白、逃げて多くの関心とぬくもり、それがあると忘れて,私は自分の今大学を忘れた.自分は良い子だと思っている.ただ、いい子は静かにメモして、先生の進学率を聞いて.感覚が麻痺して、いっそ悪い子だろう.でも、私は私がまだ子供をしないことを知らない.二十歳です.これはとても大きい年だと思って,時差ボケ、かつて仰ぎ見た年だった、ただ、今の遊び戯れは持ち.半途こなさ.生活は私が武装しているので、私は自分のために心身をしっかりとすることを余儀なくさせた!そこで、自分は自分で充実していて、自分の心身にも心を楽しむことが必要です.そのため、私は狂気にあなたに文字を……生活の多すぎること、多すぎる不幸、あなたが決めてはならない.だからもう20歳の自分を、総愛言葉で表すと気持ちが、文字で交流し、文字で、しかしこのように文字の自分を、彼女自身もしばらく殘念後悔して一生の事:ない大学へ!人の観点は異なって、大学は1種の解脱することを決定して,ある人は大学は1つの雲があると感じます;しかし、私達は知って、もあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です