なぜ耳鳴りを引き起こしましたか?

実際に音がないのに、何かが聞こえるように感じる「耳鳴り」聞こえ方やその程度は、人によって異なりますが、症状が悪化すれば、家事や仕事など日常生活に重大な支障をきたしかねません。耳鳴りの症状はいったいなんですか。

1.耳の圧迫や痛みが起こり、その後、耳鳴りを自覚するようになりました。

2.以前から気にならないレベルで感じていたが、ここ最近になって強く鳴りだしました。

3.風邪や中耳炎などの発病後に鳴り出しました。

4.突発性難聴と診断され、治療後に今度は耳鳴りが始まりました。

5.いつから鳴っていたのかと聞かれても、気がついたら鳴っていた感じます。

以上の症状は耳鳴りの著しい表現です。では、なぜ耳鳴りがは発生しましたか?

気圧の変化
エレベーターなどで急上昇する時あるいは急降下したり飛行機で離陸と着陸する時、耳が詰まった感じになったりします。これは気圧の急激な変化によるもので、体調自体には問題はありません。

加齢
人間は年齢を重ねるとともに、難聴気味なっていくことがあります。その予兆として耳鳴りが続くことがあるのです。若い時には全く耳鳴りを経験していなかったのに、「最近年齢を感じるようになった」と思っている方は徐々に難聴になっていっているサインかもしれません。

出典:「耳鳴りのせいで、変な声がいつも聞こえる!」http://dombebe.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です