よくもジャンキー戒菸なら、時差ボケ早く

p>有害健康タバコ吸って<は週知の、大量の医学文献はすでに実証して吸うタバコは呼吸係と循環システムの危害に対して、その気道のダメージが直接、慢性閉塞性肺疾患を引き起こし、肺がん、肺炎.しかし、多くの吸うたばこ者共同の質問には私は今戒菸かどうかまだ間に合う?最近は新しい発表の疫学研究が可能な答えを提供しています.

2012年ななしち月、『呼吸の医学の定期刊行物(Res-piratory Medicine)に掲載されたアメリカワシントン大学学者の研究結果から、戒菸を助けるため減らし罹患肺炎で入院した機会があったなら慢性閉塞性肺疾患になって戒菸、肺炎でで入院したリスクがない下げる.

この研究に対して

两万五千多名、平均約ろくじゅう歳、男性の退役軍人の治療記録やアンケート資料を分析し、その中、タバコを吸っても、54%19%の検討に戒菸、27%の検討にはたばこ吸って習慣.たばこは吸わないでと戒菸の人の中で、慢性閉塞性肺疾患者(約4分の1)毎年入院から肺炎の確率は得られていない慢性閉塞性肺疾患者のさん倍.学校が人口学、過去病歴、毎日吸ってタバコ量などに関する要因はタバコ吸って後、毎年の人から肺炎入院のリスクはたばこ吸っ者の48%.

い慢性閉塞性肺疾患の中には、毎年戒菸者から肺炎入院のリスクはタバコ吸って者の65 %.戒菸時間はもっと長くて、肺炎では入院のリスクが低いほど、もし時間を超える戒菸じゅう年、リスクは62%下落、著しい.相対的に、慢性閉塞性肺疾患に罹患している人の中にも、戒菸時間の長さ,時差ボケ、すでに戒菸者と現行のドローたばこ者肺炎で入院のリスクも著しい違いない.

この研究の結果は私達に教えて、戒菸より早く,長期吸うタバコで慢性呼吸道の疾病、いったん気道の構造や生理機能が取り返しのつかないような病変、肺気腫、慢性気管支炎などの病気、吸うたばこ者は終身苦労,吸うタバコの友達にとって、とてもいい警戒する.

バイアグラの口コミ

(表紙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です