インポテンツにインポテンツ時差ボケを防ぐ

EDと心臓病も、機体のある器官が血流不足、鍛錬は血管が流暢にすることに役立つ.しかも、ED実は可能性は心血管疾患の早期警告信号からペニス心臓血流の減少によりもっと敏感.実踐の証明:時間が無いと精力参加法則の全身的なスポーツ、そんなに改善へ性能力とペニス運動で、きっと多くの男子からの利益のために.

pスポーツではEDを予防できる?ペニストレーニングの最も簡単な方法によりも堅持して縮肛運動の、このような方式はすべての血液循環を改善することができる会陰部、さらに盆底の筋肉や靭帯強度が強化される.そのほか、国内学者祖国を参考にした強い腎臓の仕事の原理を専門にひとまとまりのペニスを鍛える体操と言われ、もし练習を続けて、男の性を改善できる能力.

1.下腹部摩擦:寝る前に,時差ボケ、片手を置いてへそ下恥骨上下腹部、もう一方の手を腰に、そして腰一面を押さえながら、手で下腹部右から左へゆっくりと摩擦は、腹部を度自覚温感作用.

2.太ももの根部マッサージ:寝る前に、両手を太ももの根部は両側を掌斜め方向に沿って軽くマッサージ36度、毎週マッサージに一度、性欲を強める働き、精力を高める,バイアグラ.

p3.強化ペニス勃起時反応:朝、トイレは小便を前に,指で軽くなって距離ペニスの先端のいち/さんで、ペニスを下に押してこんなに近くには、陰莖の状態で、そして指先に貼ってペニスの上で、それを感じての反応は、一面を閉じて肛門ながら、ペニスの上へ押し.この動作を繰り返して、多分1分して.

p4.摩揉み睾丸:両手をこすって熱くて、まず右手に握って2逃げ回って九、右側を宰九は手のひら、左側の睾丸、親指、人差し指と中指リブ面で,そっとこすって動く.右向け右30~50度、左に曲がってさんじゅう.50度、やや酸っぱい感で無痛を.そして左手の上の方をそっと押して.あん摩法で、まず1手で陰嚢を引っぱる.固定睾丸、別の手のひら所睾丸に置く、そしてそっと摩擦を宰丸微熱を度.適用は一名カブト嚢睾丸法.

はもちろん性交ペニスの最高鍛えて、毎週少なくとも一回、性交がなければ、オナニー代の.最近の調査では、アメリカl/ 3の男性は毎週オナニー.これは弊害もない、かえって有益で、男子にペニスの能力を制御する能力を制御します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です