ビールで夏にビールの時差ボケ十大禁忌

ビール暑気を払って、夏はビールにぴったり.でも、みんなは知っていますか?夏にビールを飲むのも禁忌の!今日は、夏にビールを飲む時に注意しなければならないことを紹介します.

p1、同じではありません食品を食べて食品を食べます.

pはビールを飲むと血液中の鉛が増加、鉛は、食品中の有害物質として発ガン物質と結合します.

p2、同料理の魚介類を食べない.

Pは、大量のビールが大量に飲んで痛風症になる,時差ボケ、尿が大量に発生しやすく,尿.その原因は魚介類に含まれるプリン、苷酸二種類の成分、ビールに含まれるビタミンB 1は、この2種類の成分分解代謝の重要触媒で、血中の尿酸含有量が増加します.尿酸が直ちに体外に排出する時、ナトリウムの形式で堆積して、人は痛風あるいは結石を形成することを形成することができて.

p3、白酒は飲めない.

によっては、原料も違い、各種酒の成分が互いに溶解できない
シリアス.ビールと白酒を飲むならどっちが加速白酒中のアルコールが全身に浸透し、肝臓に対して,胃や腸、腎臓などの臓器が強烈な刺激とダメージも影響を体内に消化酵素の発生させ、胃酸分泌減少、加速アルコール中毒.胃痙攣、急性胃腸炎など、脳血管にも危害がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です