時の時差ボケ女子は

中学の時、私は詩古風と憎み、意味が分からないより、丸暗記を取って書物の上の難解詩句で決まる親先生の口歯歯銅鉄、そのため、たとえ暇もないとの接近する.一度まで何気ない出逢い、私は読んで1篇のように靑い文字のように淡い古風で、1株のように眠り清涼指先から墨香四肢百骸に広がって、甚だしきに至っては平日が抵抗するお上品な言葉も、生の香が含まれ,情、この感覚は、いつになく、すばらしくて味わいがある.

私は、私のすべての文字について、私は懸命に、私は、このように、私は、このように、私は、このように、私は、すべての文字を、私は、私は、このように、私は,私は、このように、私は.まだ覚えている墨客1位だったと言う:ある人はあたかも靑緑の文章、あなたに一目念一行は、眉が清、唇が小川、長細い、1の小さい筋、歓喜自覚.」恋には一人、心の底の1があるのかもしれない.花火がぼんやりして、ただ彼女の世界は静的で、紅塵は乱れて、ただ彼女の内心は薄いです.歩み寄って、風にゆらぐ煙倶に静かで,時差ボケ、自在に.私は、すべての人はすべてようにひとつの出会いで、あなたは彼女の清渓人で、彼女はあなたの朝が花.

いつの間に、私は恋に淡い中国風で、長い古韻情、それは自分の社会の風にふいたことがあって、心にしみわたる.許は其の人を愛する者は屋上の烏を兼ね其の人を憎む者は其の余胥を悪むにしとやかで優雅な風物と心が溢れる恋恋の真情愚かで、元々混沌の思いも、清明できめ細かくなり,緊急避妊薬.暇な時、よくまったりすると黛瓦の白い壁の素美、1基の弱々しい古亭の趣を、1つの深い雨巷静謐で、1か所の平板草木の言いふらすは、気をつけないで、心は流韻.

はなぜか、あれを払う心尘私の女子、二度となかった新作.もとは、文字に黙々としている綺だけで、これほど遥くないと.非常に惜しい下、1首の詩《相思》、気持ちを寄せます.

ついない間、来て、

に来て「pこのかぐわしい花々、

で花蔭で格別の情に分かって濃くて相思.

Pは裾としてはいけない、

はPは、なくとPとPとPPは胸に隠れて.

Pは捨てて、

pは心が驀然、暇になる.

ここで永久にとどまると思い、

はここに永久にとどまると思いたいです.『p』の目の前の美しい景色、

pは、どうなるのか?

p

pならいいじゃないか、

は夢の中で.」

人生は一のある風景を一路尘、ついでが失があるが、初めて目だけがどんなに難しくて捨て去る.細くて考えると、それらの清涼の文字は、その画字線香を立てるの女子も去って、あなたは見て、彼女は現れてい墨香の古韻情で、自在エンロンの素の時間の中で.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です