栗の時差ボケ栄養価はどのように養生してまた腎臓を腎臓か?

p>と<栗くり、1種の補いを治す保健品.中国医学は、栗性味の甘温、健脾臓、腎臓を補って胃をかう壮の腰、強い筋の血行をよくすること、止血して腫れなどの効果.次に具体的に見てみて.

甘栗の栄養価値

はどんぐりは豊富な栄養成分が含まれ、糖類、たんぱく質、脂肪、多種ビタミンと無機塩.栗は高血圧、冠状動脈硬化症、動脈硬化などに対して良い予防的な予防の作用を持って.老年人はよく栗を食べて、老いて必衰、寿命が大きくて大きいことに対抗することに対抗します.

栗の使い方が多く、使用することができます水のスープを作る食用するために、病気后体虚、四肢のけだるい;使用栗おかゆ加砂糖食用を持って、腎臓を補ってガス、壮骨の効果;は毎日早晩食用陰干しの栗数粒、もしくは鮮栗をとろ火で煮込んで熟食用に老人、腎臓のびくびくする;打撲、うっ血はれた時、使用生栗肉ひく泥状、患部を塗って.注意するのは、栗生食は消化に消化不良、火食時には非常に滯在し、そのために食用にならず、消化不良、温熱を消化不良にした.

p栗の効能と役割

は、時差ボケ、栗に豊富な食物繊維、糖尿病患者も適量に味わうことができます.でも、栗は消化を消化することは消化しにくくて、火食はまた滯在して、だから、一度に多く食べないで.2食の間に栗を間食、または料理にして食べる、食後大量食べる、多くのカロリーを摂取しないように、体重を保つにはならない.新鮮な栗はカビが生えやすい、カビを黴栗は中毒になり、変質の栗は食べられない.

の中国医学は、栗性甘温、無毒で、内臓を強くする補肝、身壮骨医療の役割.よく刺身を治療足腰無力で、果壳や樹皮が収斂作用;新鮮な葉外用皮膚の炎症を治療し、花を治療することができ瘰腫瘍や下痢、根治ヘルニア.民間の処方で栗、毎日いずれ1~2枚ずつ生食、老年腎虚治療、小便の弱い週波数;生栗捣烂ほうがいい、患部を治療でつけます、打撲、筋骨はれがなく、鎮痛止血、吸収膿毒作用.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です