梅は雪が舞い落ち時差ボケる

私は信じて、梅と雪のように軽く、風の中で好きになって、風の中で、またなめらかでしなやかで、なめらかにまたなめらかです……

———-題辞

p>しなやかな」<雪が舞い

「疏影横斜水は淺く澄みきっている、暗香浮動月黄昏

は絶唱、雪は梅の花には一番だとしても、雪のように.

落梅、字は入る心は、すでにそのひらめきの韻を写して、いくつかの詩情、容易に念香浮動間ゆっくり来.私は耳を閉じて耳を閉じて、それは梅の音の音、0辰の静かなショーの背景、喜びて私の夢、私の夢、私の景色を喜んで、私の景色.

は雪が舞い、風は日の暮れ、憶測に白い精霊私と影随行出て、しかし詩情、淺い冷たい夜下綻満絢爛な文字.梅遜白い雪に負け、梅の花の香り、メイシェンを救う人こそ、最も美しい胸中を舞う、優しさから峠、渓穀、と大地.

私は1つの疏影横斜めの花が好きで、黒い夜と白い世界詩澄.どの一筋の風、挑発私の美しさ、ちょっと様子が馬鹿で、浅露て誠実,時差ボケ、目をしょぼつかせるに入りたくて、私の夢は、私の心の扉.私は梅の花から、少し寒くて、親愛なる風、あなたは私が好きならば、私の手、そして私の髪を吹いて、雪の熱情で、軽くて柔らかい.

私は1片神清の骨の寒い雪、往くて夜に兮のはゼツの世界、長い間落ちたくない、熟睡したくない,枯れたくない.私はあっさりして上品な姿勢夜に舞い、舞割幽独の風景、梅共赏舞成韵たもとの詩、賦飲陶酔.私を見るのが好きなように梅儿梅、柔らかな私を見て、お互いの言葉ではない、そのまま舞いは舞い、軽くなめらかで、ダンスに高逸、柔進骨髄.

梅影横に傾いて、相意于雪、風に揺れるしなやかな、安然.曳絵、思伊ひそかに曳、水、両岸の清濁薄め.梅と雪になって絶ず、詩、詩のよう成汨汨絃の流れる音.あの声は悩み、争いもなく、素顔をして清韵、平仄細くて履をひき、風の年、洁雅割舞いの歳月.

ウメ梅、詩は寒し、苦しみに寒し,
シリアス錠 効果.于梅の感情、時にまで鉄骨氷心のあがめたり、内気于迎雪吐く艷のなまめかしくはにかむ寒香、私の顔、私のハート.壁の隅の数本の梅が、凌寒独自開発.遥のお知らせは雪、香、香、梅心、煽ら然何京女に奈良男の心房.暗香浮動間、诗の中から来て、形式で染めない細長く立ち上って騒ぐ、仙エアダクト意、酔っ美人間.

私は雪が降って、明月が堪.雪のような白い銀碗、優しさを乗せて何千、柔らかい綿かよわく回るような音に、このように見るように私の心の中にになって、バインド季风华、一段の物語.雪が、私の心には白い影が、私の内面を鮮明に、最も暗い夜、自分を見極めることができます.恋を描いたら風の前の影、雪影と诗の一節で、氷心は玉壶寒いだけが、冰心一片清.

その淡影疎し香の梅、自然に歓喜若氷心の純粋な雪、一枚、ラウンド,クラスタ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です