過ぎた美し時差ボケくて

記憶の扉を叩く

蓮の考え事をしている.

あなたの熟知する姿、

を見るようにしてあなたのあのじゅんじゅんは笑う……

霧雨簾簾、

煙雨簾簾,

は昔、Pに濡れているのですが

稠した心の中.

pはスライド指先、

あなたの写真をやさしくなでるように.

掬は夕焼けの美人、

掬をおだてているあなたが好きなあの《失恋のラベル》,

は耳にしていて、

今の私はあなたが彼女の普通に思って、

はpは本当に、本当に、本当に……

Pは歳月が蒸発し、

はpは、満天の纏綿の霧雨になった.

p>のような秋の花<,
蒼蝿水;悲しみ散着地はまちまち.

Pは手から漏れている素晴らしいタイムを握り、

とPはなじみの懐には失われ、

が、

もう戻れない時、

は戻らない時間をもう二度とあれらの逝きの美しさには戻れない……

pは覚えているかな?

私たちが出会った最初の歌はあなたが言う『まだ私』、

です私たちの恋は,時差ボケ、衝動的な罰のような.

はその後の《擦》、

は失恋のタグでは失恋の簽転.

あなたはいったいどうしたのですか、

は「Pは別れになっている.

今は『ひとり歩いて行くしかない』、

君には友達の名義が関心を持っているから.

あなたにはとても気にかけていると思います.

あの歌の結末について

とは、

についてあなたは誰に歌ってくれましたか.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です