電話で話時差ボケしたことが

大雨がざあざあ、北京から電話、私は兵隊に行って、私はまだ成長していない……!土曜日の昼は大雨、窓の外の雨を聞いて、子供のころの童謡を思い出した.

p>私達<,
シリアス;歌う童謡のとき、北京からの電話に一種の進の感情は、今日の子供たちを理解するのは難しい.その時階上には.階下.電気ランプ.電話で育っ農村の子供にとっては及びもつかないの夢、ましてから遠くの北京――大いなる首都の電話.

私童謡を歌った時は、大隊部(現在は村民委員会)の一部摇把子電話が入ってない電話の部屋もできず、手で触って並んでデスクの上の部の神秘的な黒の電話は、私たちは子供.私たちはただ高い窓を首を長くして顔をつけて窓ガラスの上で、大隊書記左手で電話の上に、右手を振って動揺立ち回りを、そしてマイクを叫んで、もしもし-もしもし、私は北井子公社丘西大隊、そして電話を切ると、後で電話のベルが鳴り、大隊書記電話を取るが大気のふん—が、もしもし、私は西大隊をバラガン、洪書記、そして声を高め8度だが、私は洪書記ですね……!小さいもの、遠くの声、私は崇拝して、ついでに、電話の大隊長書記も崇拝した.そのときは自分が一回の電話、旅団の書記のような感じを探してみたいです!

念の元旦の時に、母親が、胃出血は东沟病院に入院して、私は母親が恋しい.午後からは電話局、突然の電話で、母親に電話で挨拶したいと思っています.当時に一文も皆無としか隣の子分大勇借りた二角.波にも磯にもつかぬ心地,時差ボケ、震える指琴線電話ダイヤル、激動のほとんど話せない、もぐもぐ半日、交換手の再三の催促、言い出したい場所の交換手は再三確認後、つながった私の病室番号.電話の向こうから声は,六床、電話をかけ、電話、6ベッドの電話、六床の電話、六床―電話と相手の部屋の喧噪が聞こえてきた……私はすぐに、怖かったに対して厳しく批判されるのが怖いの母、想像の母親が飛んで私を批判する無駄金の表情からは、心が少し後悔して、しかしまた忍びないで電話を切り、この得之不易切りの通話の体験.数分の待ち中で、1世紀ほど長く、長い間、何分間も待っていたと感じた.中年男の声,おい、どこにあなたはどこにあるの?まだわからない時、電話が切れて、2角はそのまま浪費されてしまいました.

仕事に参加すると、たまに電話に触れて、今、神秘的に神秘的な感じになっている感じがしました.論点はその後たポケベル、電話で連絡し事は多くて、やっと次第に恐怖心を.

初めて買ったポケベルミツバチカードのかかった998元の家庭蓄積.私は興奮に弄ばれるポケベル機能と、軽快な>が

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です